ブログ 副業への道 金融リテラシーを身につけたい!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どーも!たにちゃんです✨お金の知識を身につけたい!と常日頃、思っています。

難しいことはわかりませんが、

お金の増やし方を教えてください!

山崎元、大橋弘祐著

という本を読みました。

すごく勉強になりました(・ω・)/

今回は、そのことを纏めたいです。

また、その考えに至った経緯もお話していきたいと思います。

・将来が不安!

・お金のことで困っていることがある!

・お金のこと知りたい!

ここに共感してくれる方、

一緒に学ばさせてください✨✨



 

目次

お金のことを知りたい理由

私は、某児童福祉施設で働いています。

大学を卒業してから10年くらい働いています。

私は人間関係が得意な方ではないので、色々あるのですが…笑

…それでも仕事は好きです。

 

しかし、”福祉”という分野です。

一般企業のように利益がなく、

お給料に反映するものがありません。

残念ながら思ったように、

給料があがるものでもありません…。

 

福祉は、人と関わる分野です。尊いお仕事だと思います。

携われることに感謝しています。

ただ、心が削られる仕事であることも間違いないと思っています。

“問題や困っている方を相手に、一緒に方法を考える”という仕事です。

世の中、色んな人がいます。思ってもみないことで

心が疲弊すること、あるのではないかと思います。

お給料のことも相まって、すぐ辞めてしまうという人をこの10年間で何人も見てきました。

自分史

・お金のことを知りたい。と考えにいたった経緯を話させてください。

高校時代

高校生の頃、親と就職か進学か揉めました。

元々、家庭環境が良いほうではありませんでした。

詳しくは、割愛しますが…笑

あの頃、親には

“お前が大学になんて金をドブにすてるようなもんだ”

と言われておりました。

私は家庭での理不尽さに疲れて

就職をして、家から出たいと強く思っていました。

恩師との出会い

私は、就職しか考えていなかったのですが、

その頃の担任の恩師が、進学を強く勧めてくれました。

当時、私は福祉の郊外授業や交流会に積極的に参加していました。

人と関わることや人の優しさに触れることが多くあり、大好きな場所でした。

そんな私を見ていてくれたから、進学を進めてくださったのだと思います。

 

しかし、親と衝突しました。

奨学金の一種と二種を申し込み、

大学に受かってもいないのに

17の頃に家を飛び出しました。

大学入学

日本学生支援機構にお金を借りながら一人暮らしを始めました。

ハラハラしながらでしたが、無事に大学に進むことができました。

勢いあまって出てきてしまったこともあり

超苦学生でした。教科書を買えるお金もなく

ただ、生きるためだけに深夜バイトをしながら昼間に大学に通っていました。

バンド活動にのめりこんでしまったので、真面目ではありませんでしたが…笑

4年間。バイトとバンドと学校と今思えば充実していました笑

就職

遊びすぎて、ギリギリの単位で卒業しました!笑

あと2単位足りなかったら留年でした。(^^)/

もう死に物狂いで、勉強しました。死活問題です。

1年間の学費の捻出なんてできないので、

4年間を棒に振るか、無事に就職するかの瀬戸際でした笑

なんとか無事に卒業して、8か月くらい、フリーターをしました。

卒業に力を振りすぎて、就活しませんでした!笑

ギリギリのフリーターを終え、今の会社に就職しました。

奨学金

さて、奨学金。働きながら返しています。

月に¥25000ー 毎月差っ引かれます笑

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

奨学金には、「貸与型」の奨学金と「給付型」の奨学金があります。

JASSOホームページ

JASSOの奨学金とはより引用

600万程、借りました。

最初は収入に対しての返金額がキツいと感じ、

収入が少ない人向けに返還期限猶予制度と減額返還制度を使いました。

返還期限猶予は3年程。

同じく減額返還制度も3年程使っています。

奨学生ご本人に、返還が難しいご事情が発生した場合、以下の制度を願い出ていただくことができます。

  • それぞれの願い出にあたっては、マイナンバーおよび所定の書類を提出することが必要です。
  • また審査により承認されない場合は返還を継続する必要があります。減額返還制度と返還期限猶予制度の違いをわかりやすく説明したリーフレットを作成しております。下記よりダウンロードしてご利用ください。(リーフレットは令和2年7月時点の内容です。)

JASSOホームページ

返還が難しい時より引用

仕事を始めて、10年…やっと普通に返すことができるようになりました。

日本学生支援機構には、感謝しています。

大学生になることができて、今の仕事に就くことができました。

ただ、言っても600万…普通に返すようになり、

4年くらいですがまだ400万程残っています。

不安障害について

私は、今心療内科に通いながら、仕事をしています。

2年ほど前から、精神的に体調を崩しています。

とはいっても、厳密に言うと、”鬱”ではなく、不安障害ですが…

カウンセリングに通いながら、薬を服用して自分をコントロールしています。

2年前は、少しやばかったです(-_-;)

いま、順調に回復してきて色々な事に取り組めています☆感謝☆

(…自立支援法を使っています(^^)/今度まとめます!)

 

医療保険に入ろうとしたら…アクシデント!

30にもなり、今まで入れなかった保険に目を向けました。

ほけんの窓口。10月ごろに行きました。

お兄さん、優しく懇切丁寧に説明してくれました!

2時間くらい…!笑

”よし!これにしよう!”という医療保険に入ろうとしました。

しかし、持病を聞かれるターンになり…

心療内科に通院していることを伝えると、

一瞬空気が固まりました( 一一)

なんと…通院履歴があるだけで、入れないのです…

最終通院日から5年間は入れない…と聞きました。

(中には、3年で入れる保険もあります。ただ条件があるようです。)

これには正直凹みました…自分が悪いわけではないのに、

そんなことになるなんて…!悲しかったです(-_-;)

ここから、私は自分が”無知”すぎることを知りました。

お金のこともそう、保険のこともそう。

”変わりたい!”って思います。

そのためには”知る”ことです。知識を取り入れて

よりよい生活をしていきたいと思っております。

 

学んだこと

kindledeで、本を読みました。知れたことを書きます。

・投資の種類、何が良くて何が悪いのかをしることができる。

・得する制度について知識を深めることができる。

・お金で一番大切なことを知ることができる。

上記のことが、読んでよかったことです。

しかし、色々な視点から学ぶことも大事な気がします…。

まだ一冊なので…笑

わかった気になってたらやばいですよね笑

今更なのですが…投資なので、余分なお金=

それに回せるお金を作ることの必要性を強く感じました。

本を読んで、嬉しかった発見があるので、紹介させていただきます。

・保険に加入して支払う保険料には保険会社の利益がのってくるので「損な賭け」である。

・健康保険加入者は「高額療養費制度」を受けられるので、保険適用内の医療であれば毎月払う金額の上限が決まっている。

・医療保険やがん保険には入らず、もしもの時のために保険料を払ったと思って貯蓄をしておく。

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」 2015年11月発行 山崎元、大橋弘祐著 より引用

医療保険に入れなかった僕が、このことを知ることができて、よかったです。

貯めなくちゃならないのですが…笑

でも、少し気持ちが楽になりました。

やっぱり知識は必要ですよね☆(^^)/


最後に

今日は、お金のことを勉強したい理由について書きました。

共感してくれる方、是非繋がりましょう。

知識が共有できたらいいなと思います。

今後も勉強していきながら、ブログにアップしていきたいと思います!!

では、また次回!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる