旅人オススメ! 東京の秘境 檜原村 払沢の滝

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どーも!たにちゃんです!✨

僕はバイクが好きです。

今日は僕がよくバイクで遊びに行っている

東京の檜原村のことをまとめたいと思います。

もう、好きすぎて週一で通うレベルです。

(・ω・)…暇ではありません笑笑

写真やオススメの場所を切り貼りしていきます!

忙しい人。癒しを求めてる人

気軽にレジャーを楽しみたい人

こんな方々が楽しめる内容なります✨

頑張って紹介しますので、

どうぞ、お付き合いください✨

目次

檜原村とは

払沢の滝入り口 紅葉

 

東京の数少ない村の一つ。人口2200人くらいの

静かで穏やかな村です。

そばに、秋川が流れていて釣りやバーベキュー、

キャンプなどを楽しむ人たちが沢山います。

休日となれば、バイクの人々や家族連れが沢山!

…それでもすっごい、静かです。

都会で働いている僕にとっては、中々良い場所で

すごく貴重な時間を過ごしています。

沢の音を感じると、縮こまった心が解放されるような感じになります!

忙しない、日々を過ごしている方に超絶オススメの場所であります!

(・ω・)/笑笑



檜原村へのアクセス

電車

・新宿から電車で約1時間50分。

新宿から中央線(30分)→立川五日市線(40分)→武蔵五日市路線バス(30分)

東京から2時間?!名古屋いけるやん!

と思われた方。それはそうなのですが、

・交通費が気になる方。

・近場で居場所が欲しい方。

こんな方々に、おススメです✨

約1.5時間

新宿から40分→八王子ICから40分

それでも高速使うでもなくいけます✨

20分から30分くらいしか変わりません!笑

朝早くに行けば、

檜原村のゆったり流れる時間に

そんなこと、気にならなくなります!

(・ω・)/



日本の滝100選。払沢の滝

なんといっても檜原村といえば、

日本の滝100選に選ばれている”払沢の滝”です!!

北秋川の支流のセト沢にある4段の滝で、1段目の落差が26m、全段で合計60mとなっている。滝が僧侶の払子を垂らした様に似ている事から、かつては払子の滝とも呼ばれていた。

滝壺には大蛇が棲んでいたと伝えられている。冬季になると結氷し、檜原村では最大結氷する日を当てる「氷瀑クイズ」を行っている。近年は全面結氷する年は少なくなったが、2006年1月8日に10年ぶりに全面結氷した。

檜原村で最大の観光名所であり、毎年8月中旬には滝祭りが催行され滝のライトアップが行われる。

Wikipedia:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/払沢の滝より引用2018年3月17日(土)ま2時58分(日本時間)現在での最新版を取得

こんな道を麓から15分歩きます。

武蔵五日市(あきる野市)から、車で20分~30分

払沢の滝麓に着きます。緑いっぱいの道を歩いて15分…

払沢の滝に着きます。荘厳な滝が待っています。夏が特に気持ち良い…!

 

 

テレビの取材が入るくらい綺麗な場所です。

途中の沢も、静かで、ゆったりできる空間が広がります。

写真じゃ伝わらない…(^^)/

是非、行って確かめてみてください!!

檜原村 払沢の滝です!!!

 

 

 

 

最後に☆

いかがでしょうか?

書いてるうちに、これはもう、

シリーズにするしかない気がしてきました(笑)

”写真何がいいかなー”と探していたのですが、

800枚程の写真が眠っておりました…

選ぶのに一苦労です。

僕にとっては滝で過ごす時間が贅沢なひと時です。

皆様よろしければいかがですか?

最後に、載せきれない写真を少し投稿します!!

それでは!また次回☆

夏前の紫陽花

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる